2020年3月20日 (金)

休止のお知らせ

いつもこのブログを見てくださりまことにありあとうございます。

突然ですが個人的な諸事情により、ほとんどライトトラップや昼間の野外観察に出かけられなくなりました。

そこでしばらくの間このブログを休止することにします。

これまでのご厚情ありがとうございました。

そのうち別の形ででも再開したいです。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

高岡町ライトトラップ 20200225

この冬は暖かいので2020年最初のライトトラップに出かけてみました。

例年2月にライトトラップすることはほとんどありません。

日が暮れた夜の気温は13℃で、14種の蛾(同定できたもの)を確認しました。

0225_20200227094705

春に発生するソトカバナミシャク

-0225_20200227094706

同じく春に発生するマエテンカバナミシャク

-

0225_20200227094703

冬に発生する変異の大きいシロテンエダシャク♂

雄は触角が羽毛状です。

-

0225_20200227094702

こちらはシロテンエダシャク♀

雌は触角が糸状なので見分けられます。

-

0225_20200227094708

1年中見られるヤクシマフトスジエダシャク♂

こちらも触角が羽毛状なら雄で、糸状が雌です。

-

0225

春に発生するアトジロエダシャク♂

こちらも触角が糸状なら雌です。

黒いのでよくヤガのなかまと間違えられます。

-

0225_20200227094704

春に発生するスモモキリガ

-

0225_20200227094707

春に発生するマツキリガ

-

0225_20200227094701

1年中見られるウスアトベリキバガ

-

0225_20200227094709

一番狙っていた未発表ハマキが飛来しました。

このハマキガは変異が大きく、11月から3月にかけて見られますが珍しい種です。

-

この他にはミダレモンクチブサガ、マエアカスカシノメイガ、チャマダラキリガ、クロチャマダラキリガ、アカエグリバ、ハガタクチバなどが飛来しました。

暖冬のせいか2月の季節としては虫が多い方です。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

高知市 鏡 ライトトラップ 20191221

2019年最後のライトトラップをしました。

日が暮れた夜の気温10℃で10種の蛾が飛来。

1221_20200212142701

種名の通りの黒いクロチャマダラキリガ

-

1221_20200212142702

成虫で越冬するナワキリガ

-

12211

ノコメトガリキリガ

-

12212

同一個体のノコメトガリキリガ

-

12211_20200212142701

前方から見えるヘーネアオハガタヨトウ

-

12212_20200212142701

上から見た同一個体のヘーネアオハガタヨトウ

-

1221

オオハガタヨトウ

10月から12月にかけて見られます。

この他に飛来したのはナカオビアキナミシャク、アキカバナミシャク、キトガリキリガ、キマエキリガ、ホソバハガタヨトウでした。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

越知町ライトトラップ 20191219

2019年17回目の昆虫調査に出かけ、ライトトラップで14種の蛾を確認しました。

S20191219_20200205115504

ミダレモンクチブサガは色褪せてきました。

-

S201912191_20200205115501

ナカオビアキナミシャク

成虫越冬しませんが、1月まで見られます。

-

S20191219_20200205115502

ナカオビアキナミシャク

こちらも赤紋が消え色褪せてきました。

-

S201912191

高知県では少ないカシワオビキリガ

成虫で越冬します。

-

S20191219_20200205115501

スミレモンキリガも色褪せ状態

-

S20191219_20200205115503

ホソバハガタヨトウも白っぽく色あせてきました。

-

S20191219_20200205115505  

少し色褪せたミドリハガタヨトウ

この山では初見になります。

成虫越冬しません。

-

S20191219

ケブカカスミカメ

成虫で越冬し、春まで見られる普通種です。

-

S20191219_20200205115506

チャタテムシの一種

他に飛来した蛾は、マメハマキホソガ、ハネナガモクメキリガ、クロチャマダラキリガ、チャマダラキリガ、キマエキリガ、ヘーネアオハガタヨトウ、ヒマラヤハガタヨトウなどで、フユシャク類は飛来しませんでした。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

越知町ライトトラップ 20191211

2019年16回目の昆虫調査に出かけ、8種の蛾を確認しました。

夜は曇りのち晴れ、気温は10℃でした。

1211_20200124162401
晩秋から初冬に見られるカバエダシャク ♂

卵で越冬します。

-

1211_20200124162901

秋に発生する普通種のチャマダラキリガ

-

1211

秋に発生するヘーネアオハガタヨトウ

-

1211_20200124162902

秋に発生するヒマラヤハガタヨトウ

あとの4種はマメハマキホソガ、アキカバナミシャク、キトガリキリガ、クロチャマダラキリガです。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

越知町ライトトラップ20191201

2019年15回目の昆虫調査に出かけ、小雨降る中で23種の蛾を確認しました。

1201_20200117094107

晩秋に発生するミドリアキナミシャク

成虫越冬しません。

-

1201

秋に発生するアキカバナミシャク

局地的で少ない種とされていますが、ここでは普通に見られます。

成虫越冬しません。

-

1201_20200117094103

秋に発生するニトベエダシャク ♀

雄の触角は櫛歯状で、雌の触角は糸状です。

この画像では残念ながら触角が見えませんね。

雌は灯火にほとんど飛来しないので貴重です。

成虫越冬しません。

-

1201_20200117094101

秋に発生するエゾクシヒゲシャチホコ ♂

雌の触角は糸状で、雄の触角はこのような羽毛状をしています。

成虫越冬しません。

-

1201_20200117094104

秋に発生するホシオビキリガ

成虫越冬するので春になっても見られます。

-

1201_20200117094102

秋に発生するゴマダラキリガ

成虫越冬します。

-

1201_20200117094105

マエキハマキ

6月から12月にかけて連続して見られます。

春はまだ見たことないので成虫越冬はしないのでしょう。

-

1201_20200117094106

1年中普通に見られるマメハマキホソガ

成虫で越冬するのでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

越知町ライトトラップ20191127

2019年14回目の昆虫調査に出かけ、小雨降る中で13種の蛾を確認しました。

数が少ないため、これまで紹介したものも含みますが、撮影しているのでないよりましということでご了承ください。

1127_20200110101201

オオフトカギバ

西日本に分布しており、高知県では4月~11月に見られる普通種です。

-

1127

エゾクシヒゲシャチホコ♀

高知県絶滅危惧種に指定されている希少種で11月~12月に見られます。

-

1127_20200110101207

ハネナガモクメキリガ

成虫で越冬し、11月~4月に見られます。

-

1127_20200110101205

変異の大きいチャマダラキリガ

これは一番ポピュラーな模様型になります。

こちらも成虫で越冬し、11月~4月上旬に見られる普通種です。

-

1127_20200110101203

変異の大きいクロチャマダラキリガ

このような黒い紋をもつ型はあまりいません。

こちらも成虫で越冬し、11月~3月に見られる普通種です。

-

1127_20200110101202

キマエキリガ

成虫で越冬しませんが、11月~翌年の1月まで見られます。

-

1127_20200110101204

スミレモンキリガ

こちらも成虫で越冬しませんが、寒さには強いらしく11月~2月下旬まで見られます。

-

1127_20200110101206

真冬も含めて1年中見られる普通種のハガタクチバ♂

-

1127_20200110101209

ヨコヒダハマキ

こちらも成虫で越冬し、ほぼ1年中見られます。

-

1127_20200110101208

ミダレモンクチブサガ

11月、12月、1月、3月、6月に見ているので成虫で越冬するようです。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

高知市ライトトラップ 20191125

高知市の北部の初めての場所に行きライトトラップしましたが、暗くなってこれからというときに突然強風で蛾幕が飛ばされ慌てて片付けるはめになり、18種の蛾を確認しただけで目的の蛾は得られませんでした。

1125

アシブトヒメハマキ

高知県では5月から11月にかけて見られます。

春は見ないので成虫越冬できないと考えています。

-

1125_20200103115401

擦れたホソバヤマメイガ

-

1125_20200103115305

ツゲノメイガ

幼虫で越冬します。

-

1125_20200103115301

擦れたウスクロオビナミシャク

晩秋に現れる少ない種です。

-

1125_20200103115302

ウスタビガ ♀

山間部では晩秋から初冬に見られる普通種です。

-

1125_20200103115303

ウスバフタホシコケガ

5月から11月にかけて見られます。

-

1125_20200103115304

サビイロヤガ

1月を除いたすべての月で記録しているので、成虫越冬しているようです。

-

1125_20200103115306

ノコメトガリキリガ

秋に現れますが少なく、成虫越冬しません。

-

1125_20200103115403

ルリモンクチバ

静止するときはいつも左右の翅をたたみ、開くことはほとんどありません。

8月から1月にかけて見られる普通種で、寒さにはかなり強いようですが春は見ないので成虫越冬まではできないと考えています。

-

1125_20200103115402

擦れたヨシノアツバ

9月から11月にかけて見られる少ない種です。

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

越知町ライトトラップ20191123

今年13回目の昆虫調査に出かけ、17種の蛾を確認しました。

1123

擦れたウコンカギバ

5月から11月にかけて普通に見られます。

-

1123_20191228160306

ツマジロエダシャク

2月下旬から11月にかけて普通に見られます。

-

この秋に今回はじめて見た蛾は

1123_20191228160301

ウスタビガ♀

-

1123_20191228160302

オオトビモンシャチホコ

-

1123_20191228160304

クロチャマダラキリガ

-

1123_20191228160303

キマエキリガ

-

1123_20191228160305

スミレモンキリガ

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

越知町ライトトラップ20191117

今年12回目の昆虫調査に行き、17種の蛾を確認しました。

1117_20191221124801

ケンモンミドリキリガ

成虫で越冬しません。

-

1117_20191221124803

ヒロバモクメキリガ

折れた木の枝かと思って触れると柔らかいことから蛾とわかりました。

成虫で越冬します。

-

1117_20191221124802

珍しいとされているサヌキキリガ

高知県ではレッドデータ(絶滅危惧種)に指定されています。

成虫で越冬しません。

-

1117

ウスキトガリキリガ

成虫で越冬しません。

-

1117_20191221124807

ヒマラヤハガタヨトウ

成虫で越冬しません。

-

1117_20191221124804

ホソバハガタヨトウ

成虫で越冬しません。

-

1117_20191221124805

成虫越冬するマエジロアカフキヨトウ

-

1117_20191221124806

個体変異の大きいミダレモンヒメハマキ

春も見られるので成虫で越冬するかもしれません。

| | コメント (0)

«越知町ライトトラップ 20191103