2019年8月25日 (日)

越知町ライトトラップ 20190812

四国の野生生物について実態と特性を明らかにするため、地域の生態系を総合的に把握できるよう今後3年かけて横倉山の生物総合学術調査として基礎資料の収集保存を実施することが決まり、この中で昆虫部門の調査協力をすることになりました。

なので、これから3年間は横倉山に頻繁に出向くことになりそうです。

この夜は今年初めて横倉山に出かけ、117種の蛾を確認しました。

飛来した昆虫はすべて記録してリスト化し、普通種も含めて可能な限り全種採集して標本作りをすることになるので当分忙しくなります。

0812

いつも蝶のようにはねを合わせ閉じて静止するウスズミクチバ

-

0812_20190825110302

カバフヒメクチバ

-

0812_20190825110307

この山では初見のベニトガリアツバ

-

0812_20190825110303

クロモンハイイロノメイガ

-

0812_20190825110305

ツマベニヒメハマキ

-

0812_20190825110309

キバガの一種

-

0812_20190825110308

ヨツボシホソバの幼虫(体長26mm)も這ってきました。

-

0812_20190825110304-

飛び立つ瞬間のコフキコガネ♂

-

0812_20190825110306

トサオサムシ

灯火に飛来した虫を食べに来たのでしょうか。

-

 0812_20190825110301

高知県では絶滅危惧種に指定されているオオカマキリモドキ

こちらも虫を食べに来たようです。

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

物部町ライトトラップ 20190801

4日前とは異なるいつもの場所に行き、この夜は154種の蛾を確認しました。

0801_20190822160208

高知県では現在この付近でしか見られないモンホソバスズメ

-

0801_20190822160202

クロオビキヒメシャク

-

0801_20190822160201

キンバネヤマメイガ

-

0801_20190822160206

フタスジシロオオメイガ

-

0801_20190822160209

ヨツモンミツボシキバガ

-

0801_20190822160203

コブヒゲトガリホソガ

-

0801_20190822160205

ヒメカマキリモドキ

-

0801_20190822160207

マエグロハネナガウンカ

-

0801_20190822160204

ネグロカワウンカ

-

0801

オビカワウンカ

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

物部町ライトトラップ 20190728

初めての場所でライトトラップしてみました。

周囲は草地なので草原性のカメムシやコガネムシ類が多く取り除く作業がたいへん。

この夜は191種の蛾を確認しました。

0728_20190818123501

珍しいキオビカナサンツトガ

-

0728

キイロツヅリガ

-

0728_20190818123507

ヤシャブシキホリマルハキバガ

-

0728_20190818123505

ヘリクロコマルハキバガ

-

0728_20190818123503

コクマルハキバガ

-

0728_20190818123502

クロミツボシキバガ

-

07281

キバガの一種1

-

07282

キバガの一種2

-

0728_20190818123506

マエモンヒロズコガ

-

0728_20190818123504

ズグロコブカザリバ

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

いの町ライトトラップ 20190725

2009年6月よりはじめたこのブログは10年を超え、今回でついに900回目となりました。

これまで紹介した虫の画像は前回までで何と合計17,417にもなります。

今後もこのブログを続けたい思いですが、無限に思われた保存容量が残り少なくなってしまいました。

なので近くこのブログを終了して別名で新たなブログを開設することになるかもしれません。

どうかご了承ください。

いの町北部の山の標高1,000m地点に行き、この夜は216種の蛾を確認しました。

0725_20190815161902

ギンスジカバハマキ

-

0725_20190815161803

キイロヒメハマキ

-

0725_20190815161801

ガレモンヒメハマキ

-

0725_20190815161906

ハンノメムシガ

-

0725_20190815161802

キイロオビマイコガ

-

0725

カギツマクロキバガ

-

0725_20190815161905

スジウスキキバガ

-

0725_20190815161904

クロヘリキバガ

-

0725_20190815161903

キンスジコガネ

-

0725_20190815161901

キカマキリモドキ

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

物部町ライトトラップ 20190723

いつも行う場所でライトトラップして161種の蛾を確認しました。

今年は例年と比べて飛来数は少ないものの、ここではミクロの蛾が多く見られて気に入っています。

0723_20190812111606

5年ぶりに会えた珍しいナマリキシタバ

まだこの地に生息していることがわかり安心しました。

-

0723

アセビコハマキ

-

0723_20190812111607

ギンボシスジキハマキ

-

0723_20190812111701

モトキハマキ

-

0723_20190812111608

マエモンシロハマキ

-

0723_20190812111603

クシヒゲキヒロズコガ

-

0723_20190812111602

カモンジオビマルハキバガ

-

0723_20190812111601

イツボシマダラキバガ

-

0723_20190812111605

シロオビクロキバガ

-

0723_20190812111604

コブヒゲトガリホソガ

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

いの町ライトトラップ 20190706

いの町北部の山の中、初めての場所(標高1,000m)でライトトラップしてみました。

自宅からはかなり遠く長距離運転になるものの、ここなら煩わしいドクガも少なく涼しくいられて快適です。

この夜は170種の蛾を確認しました。

0706_20190809163102

イッシキヒゲナガキバガ

-

0706_20190809163103

オビカクバネヒゲナガキバガ

-

0706_20190809163106

初見のクロクモシロキバガ

当初はハマキガと勘違いしました。

-

0706_20190809163104

ギンボシアカガネキバガ

-

0706

アトシロモンコガ

-

0706_20190809163105

クロギンスジトガリホソガ

-

0706_20190809163101

イチモンジハマキホソガ

-

0706_20190809163107

ナラツツミノガ

-

0706_20190809163108

ピストルミノガの一種

-

0706_20190809163109

ヒロズコガの一種

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

高知市鏡ライトトラップ 20190704

近場に出かけましたが7月ともなると低山地は夜も蒸し暑く、ゴマフリドクガを主としたドクガ類や羽アリが多く灯火に飛来して悩ましく体力を消耗します。

熱中症が心配のうえ、ドクガ類の毒針毛が身体に付着して翌日から赤い発疹があちらこちら多数でき、痛がゆくてたまりません。

なので夏の低山地でのライトトラップはかなりの覚悟が必要です。

この夜は173種の蛾を確認しました。

0704

アカテンクチバ

このような前翅に白紋の現れた変異アカテンクチバは沖縄に行くとよく見られますが、四国ではたまにしか見つかりません。

-

0704_20190806171801

オオキイロアツバ

ここでは初めて飛来して驚きました。

-

0704_20190806171802

美しいオビマダラアツバ

-

0704_20190806171804

珍しいとされるキオビカナサンツトガ

-

0704_20190806171807

ヒロバクロヒメハマキ

-

0704_20190806171805

スネブトヒメハマキ

-

0704_20190806171803

カレハヒメマルハキバガ

-

0704_20190806171808

ヒゲナガキバガの一種

-

0704_20190806171809

モトキマイコガ

角度を変えていくつか撮影してみましたが、どれもカメラのストロボ反射光が入ってしまいました。

-

0704_20190806171806

セジロトガリホソガ

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

物部町ライトトラップ 20190701

涼しさを求めて深山のいつもの場所へ・・・・・・。

夜の気温は19℃から更けると17℃に下がり体感としては丁度です。

この夜は特にこれといったものは見つかりませんでしたが177種の蛾を確認しました。

珍しい種に出会えなくても灯火に飛来した多数の虫を観察できるだけで楽しく、時間の経過を忘れてしまいます。

0701_20190803145201

ギンボシトビハマキ

-

0701_20190803145207

ツママルモンヒメハマキ

-

0701_20190803145204

コクワヒメハマキ

-

0701_20190803145205

シロテンボカシヒメハマキ

-

0701_20190803145206

シロヒメシンクイ

-

0701_20190803145209

ヒノキカワモグリガ

-

0701_20190803145203

クロマダラシヒメハマキ

-

0701_20190803145202

クマノミズキヒメハマキ

-

0701_20190803145208

ニジュウシトリバ

-

0701

ギンスジトガリホソガ?

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

横浪半島ライトトラップ 20190624

前回興味深いミクロ蛾が見つかったので連続になるけれど、もう一度同じ場所に行ってみました。

前回より少し気温が低かったこともあるのか蛾は121種とやや少なめでした。

0624_20190731135306

ノメイガの一種

-

0624_20190731135302

チャモンシンクイ

-

0624_20190731135301

クヌギハマキホソガ

-

0624_20190731135303

トホシスヒロキバガ

-

0624

ウスアトベリキバガ

-

0624_20190731135304

ハギノシロオビキバガ

-

06241

キバガの一種1

-

06242

キバガの一種2

-

06243

キバガの一種3

-

0624_20190731135305

カザリバガの一種

今回も同定できない新たなミクロ蛾がいくつも見つかりました。

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

2019年6月に見つけたイモムシ

高知県の各地で2019年6月に見つけた蛾の幼虫の中で、種名が判明したものをいくつか選んで紹介します。

06012

6月1日にシナノキで見つけた体長20mmの幼虫、

このときは種名がわかりませんでしたが、

06016

6月13日に羽化してナガウスツマヒメハマキだったことがわかりました。

-

0611

6月11日にノブドウで見つけた体長23mmのモンキクロノメイガ幼虫

複数持ち帰りましたが後日すべて寄生バチが出て死んでしまいました。

-

06122

6月12日にツツジの一種にいた体長20mmのシャクガ幼虫、

このときは種名がわかりませんでしたが、

06127

6月28日、体長37mmになり、ニッコウエダシャクらしきことがわかりました。

-

06122_20190728144901

6月12日にマタタビで見つけた体長41mmのヒロオビトンボエダシャク幼虫

06126

6月28日に羽化しました。

-

0619

6月19日にサクラで見つけた体長11mmのリンゴツマキリアツバ幼虫

-

06192

6月19日にミツバツツジの一種で見つけた体長18mmの幼虫、

このときは種名がわかりませんでしたが、

06195

7月9日に羽化してアミメキハマキだったとわかりました。

調べても何だかわからない謎の幼虫を飼育して羽化にこぎつけ、種名がわかるのは嬉しいものです。

| | コメント (0)

«横浪半島ライトトラップ 20190622②